user_mobilelogo
0120-25-2188
9:00 ~ 18:00 (水曜・祝日休業)
やっぱり、もともとオーディオマニアなので
5.1chサラウンドには早くから目をつけてました。
ステレオに対して、独特の音響感がけっこういいんです。
無理やり、つくったような音響ではあるんですが
時々、わざとらしい音響っていう気もしますが
今では、すっかり愛用品の一つになっています。
おもに映画のDVDを観るときに重宝していますが
まれに音楽ソフトでもSACDっていうのがあって、それを聴くのにも使ってます。
当時は、まだSONYとPioneerしかハードはだしてなかったです。
ソフトも、SACD、DVDオーディオ、DVDビデオっていう感じでした。
ほんとうに、ハード、ソフト共に出初めっていう感じでした。
たまたま気に入ったSACDが
5.1chとステレオと、両方で録音されてたので
もちろんステレオバージョンはすぐに聴けて気に入っていたんですが
作者の意図した5.1chバージョンがどうしても聴きたくなってしまいまして
それで、道具探しが始まりました。
そのSACDはセイゲンオノの当時の新譜でした。
セイゲンオノっていう人は、もともとマイルスデイビスのミキサーで
録音のプロフェッショナルなんです。
この人の、CD、SACDは出るたびに入手してます。
もちろん日本人なんですが
個人的には珍しく日本のアーティストなのにたいへんお気に入りです。
生まれてこの方、ほとんど西洋の音楽にしか触れたことないんですが
セイゲンオノと細野春臣さん、この二人はお気に入りです。
それが、ある日、上記のように
セイゲンオノが5.1chのSACDをだしました。
そんなわけで、どうしてもサラウンドな音響で
そのSACDを聴いてみたくなってしまいました。
それでSONYの5.1chサラウンドシステムを買ってきました。
それが始まりです。
当時は、その一枚のSACDのためだけに使ってましたので
完全に餅より粉が高くついていました。
でも、左の後ろからベースの音が聞こえたり
右前からトランペットが聞こえたりで、気に入ってしまいました。
かなり、センセーショナルな音響でした。
5.1chサラウンドっていうのは
スピーカーを5個使うんですが
前の左右、後ろの左右とおもに映画とかのせりふ用で前の真ん中に一つ
で、合計5個のスピーカーを使います。
それと、.1は、ウーファーのことです。
つまり、低音用です。
(20hz~100hzくらいの超低音域)
どちらかというと効果音的な音域です。
そのため基本的には、左右が関係ありません。
(ステレオである必要は、それほどないです。したがって1個でいいです。)
これらをあわせて5.1chサラウンドとよんでます。
その昔、ステレオに対抗して4chっていうものがありましたが
すぐに、廃ってしまいました。
たしか当時は、機関車とかの音を4chで楽しんでました。
機関車が左から右に走っていって
こんどは右の後ろへ走っていくっていうような調子でした。
あまり多くのものには応用されませんでした。
それに対して、今回の5.1chは、完全に市民権をえた感じです。
映画とかの音響にはもともと持って来いなものです。
フロント左右、リア左右のスピーカーで立体的な音響がつくれます。
右前から左後ろに車が走っていったり
扉がしまる音がうしの方で聞こえたり
かなり、その場にいるかのような臨場感があります。
今では、映画を観るには、5.1chじゃないとしっくりこない感じです。
2chっていうのか、ステレオだとあんまり観た気がしません。
音響がさみしいと、映画の醍醐味が味わえません。
もちろん今はやりの3Dとかで観るともっと臨場感があるんでしょうが
音響的に立体感があれば、観るほうは平面で十分に思います。
個人的には、やっぱり音に対して敏感みたいです。
そんなわけで、このシステムけっこうお気に入りなんです。
テレビの放送ってほとんどがステレオ放送なんですが
それが、昨今では5.1chの放送があるほどになりました。
もちろんスターチャンネルも5.1chでの放送です。
個人的には、いつかこんな日がやってくるとは思ってましたが
気がついたら、けっこう早くやってきました。
そんなわけで、映画の放送を5.1chで、楽しんでいます。



ちなみに、そういえばクラウンの音響も5.1chです。
オプションのマークレビンソンがついてますので
車の中でも、5.1chで映画が楽しめます。
ちょくちょく、そういった車も出はじめています。
とにかく、個人的にはいい音響っていうのにこだわってしまいます。
国際規格 ISO9001・ISO14001 認証取得事業所
一宮JCTから8分
土日は営業しています!
0120-25-2188
9:00 ~ 18:00 (水曜・祝日休業)